古墳は誰のもの?

OSK201302120156

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

お天気ニュースと歴史文化ニュースから、

一文字違いでこんな話題が!

大変です。今年の杉には大量にかふんがくっついていて、半端ない飛散量だそうです。

大変です。こふんにようやく専門研究者の調査が入ることになりました。

 

駄洒落ですみません・・・。

 

OSK201302190012

 

 

箸墓古墳、20日に立ち入り調査

奈良県桜井市の箸墓(はしはか)古墳と同県天理市の西殿塚(にしとのづか)古墳で20日、

歴史系15学会の研究者らが初めて立ち入り調査する。

陵墓(天皇・皇族の墓)として管理する宮内庁が許可した。

箸墓古墳は「邪馬台国論争」にかかわる古墳として一般の関心も高く、

陵墓の公開をめぐる議論が活発化しそうだ。

邪馬台国は、中国の歴史書「魏志倭人伝」に登場する。

倭国(わこく、現在の日本)は多数の国に分かれて争っていたが、

邪馬台国の女王・卑弥呼(ひみこ)を共通の女王として立てることでまとまった。

卑弥呼は248年ごろに没し、「径百余歩(約150メートル)」という巨大な墓が築かれたという。

邪馬台国が今の奈良県周辺にあったとする「近畿説」の研究者の間では、

箸墓古墳は卑弥呼の墓の有力候補とされている。

一方、邪馬台国は北部九州にあったとみる「九州説」の研究者らは、もっと新しい時代の古墳と主張する。

 (朝日新聞デジタル)

 

 

 

 

「邪馬台国はどこにあったのか?」

学会だけでなく、素人歴史マニアの間でも、長年喧々諤々の論争となっている有名な歴史ミステリーです。

金印・志賀島・魏志倭人伝・・・。などなど、チラチラ見え隠れする手がかりがまた、

謎解きの興趣をそそるわけですが、なんと言っても「女王・卑弥呼」の圧倒的な存在感が、

この古代史最大のミステリーに多くの人を惹きつけてきた最大の理由であろうと思います。

これ、卑弥呼が男王だったら、これほど騒ぎが続いたとは思えないんですよね~。

やはり、「原始、女性は太陽だった」(by平塚らいてう)からでしょうか。

「女王」という言葉は、それだけで魅惑的です。

さて、邪馬台国の住所はともかく。

今回のニュースで気になったのは、箸墓古墳を宮内庁が管理して立ち入り禁止にしていたということ。

寡聞にして存じ上げませんでした。

確かに、盗掘や心ない一般人が荒らしたりする心配もありますので、管理責任者は必要だと思うんですが。

古代史の研究会が何年も「お願いして」、

ようやく調査を許可してもらったという点が、とても引っかかります。

箸墓古墳って随分前から話題になっていたのに、今の今まで「稜墓」(って勝手に決めてる!?)

だから調査はダメってことになっていて、ここにきてようやくお許しが出たらしいです。

この問題、右やら左やら政治色が強いので、あまり偏った意見を言うのがはばかられるのですが。

調査研究の旗印の下、土を掘り返しまくって古墳を破壊してしまうのは問題ありますが、

歴史的調査は、古墳の存在が明らかになった時点で、早急に着手するべきだったと思います。

そのためにも、「天皇家の墓だから」なんてあやふやな精神論は横に置いておいて、

発見されたすべての古墳などの遺構を対象とする、共通の調査発掘ガイドラインを作って、

それに則って調査開始手続きが出来るように、法整備すればいいのではないでしょうか?

古墳が皇族陵かもしれない。

というだけで、すぐさま専門家でもない宮内庁がしゃしゃり出て来て全面封鎖!

なんて、時代錯誤も甚だしい蛮行です。

その為に、研究者が何年も待たされていたなんて、本当に時間の無駄。

それにしても、誰の墓かもわからないのに(その為に調査が必要なのでは?)、

勝手に皇族関連の古墳ってことにして、勝手に調査制限していたなんて・・・。

文科省ならいざ知らず、宮内庁になんでそんな権限があるのか?

個人的にとっっても疑問の残るニュースでした。

古いお墓は、まずは地域の人々の祭祀の対象であり、

に、すべての日本国民の歴史的文化的遺産だと思います。

大体ここって、地理的に奈良県か桜井市の管理下なんじゃないのかなぁ?

奈良から京都→東京ってとっくの昔に遷都しておいて、古墳の権利だけは主張するなんて、何様!?

古代史研究学会の皆さんも、もっと声出していきましょうよ!

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です