博多川 船乗り込み

船乗り込み

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

5月末から6月初めの季節、爽やかな風と日々明度を増す日差しが、夏の訪れをそろそろと伝えているようです。

 

さて、本日のお題は「歌舞伎」です。

船乗り込みは、毎年六月の博多座の公演(6月2日~)を前に、到着した一座のお披露目として福岡市博多区博多川を、俳優・スタッフ総勢

100名ほどが船10隻に乗り込んで、約800メートル程の川下りをするというもの。船には幟を立て、役者はもちろん黒紋服姿でずらり。九州初

夏の風物詩になっています。

川風の気持ちよさと、豪華な俳優陣を身近に見られるということで、川岸はファンが大勢待ち構えていて、毎年大変盛り上がる行事だそうで

す。

今年は、襲名披露の中村又五郎、歌昇親子。中村吉右衛門や片岡仁左衛門など、そうそうたる顔ぶれで29日に行われました。