国会議員の着物振興

plt1301301215003-p1

みまさま、ごきげんよろしゅうございます。

寒さが峠を越えました。週末は三月並みの気温になるようです。

ここの最近の寒風に滅入っていた体も、

ホッと一息入れられますね。

さてさて来年度予算が通りました。

そしてなんと、国債発行額より税収が上回りました。

だからって無駄遣いしてはダメですよ。安倍さん!

 

plt1301301215003-p1

 

 

きものの女王、維新のエリカ様・・・あでやか

第183通常国会が28日召集された。

通常国会召集日恒例の「和装振興議連」所属議員による撮影会がこの日行われ、

昨年の衆院選で初当選した新人の女性議員が、あでやかな着物姿を披露した。

自民党の金子恵美衆院議員(34)は「地元・新潟は織物の産地なので」と、

PRも兼ねて「辻が花」で登場した。

かつて「新潟県きものの女王」に選ばれており、

女優出身の三原じゅん子参院議員とともに堂に入った立ち姿をみせた。

「浪速のエリカ様」こと、日本維新の会の上西小百合衆院議員(29)は花柄をあしらった振り袖姿。

先輩議員に囲まれ、緊張した表情だった。

(nikkansports.com)

 

 

 

「和装振興議員連盟」の事務局である全日本着物コンサルタント協会。

ようするに、老舗着付教室・装道礼法きもの学院のことです。

こちらはまぁいろいろ手広く御商売なさっている着付教室ですね。

便利なワンタッチ襦袢や、男性用の着物(?)「道着」、角帯の作り帯なんかも販売しています。

それにしても、会長が男性なのに、男性着付け教室を未だに開催していないのはなぜなんでしょうか?

男性の作り帯より絶対需要があると思うのに・・・。

それはともかく、国会で着物。緊張感があるようなないような、ですね。

着物は贅沢品と言われますので、こんなあでやかな雰囲気の中で

「生活保護費引き下げ」とか議論しているかと思うと、どうもシュールな感じです。

日本はまだまだ平和なんだなぁ。としみじみするか、

国会議員ってやっぱり浮世離れしているよなぁ。と将来に危機感を抱くのか。

着物は好きですが、個人的には「この日はみんなで着ようよ!」という、

とってつけたようなイベントでは、本当の着物振興になるとは到底思えません。

ただの、「マスコミ向け・和文化大切にしてますアピール」ですか?

そもそもこの「和装振興議員連盟」所属の議員の皆さま。着付けは自分で出来るのかしら・・・?

やはり国会議員って、根本的なところで感覚がズレている、「お坊ちゃまお嬢ちゃま集団」ですよねぇ。

はぁ、やれやれ。

 

文責/篠井 棗

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です