一方、銀座では・・・

20121213_release01

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

大掃除はジャージ姿でも、お正月くらいお着物で・・・

というハレの日を大切にする風潮は、

だいぶ以前に廃れてしまった我が国ですが、

ここ、銀座では、

年がら年中ハレがましい着物姿の女性が闊歩しています。

 

どう見ても玄人さんっぽい方が圧倒的に多いのが、気になりますけれどね。

 

 

 

きもの鈴乃屋銀座店オープン

きもの鈴乃屋銀座店が、新しく生まれ変わります。

「銀座×KIMONO NEW STYLE きものを楽しむ!!きもので遊ぶ!!」

をコンセプトに、新しいスタイルでサービスを展開します。

気軽に、手軽に、リーズナブルに、そして楽しく!

12月15日(土)10:30からのオープニングセレモニーには、

鈴乃屋振袖イメージキャラクターの女優・川島海荷さんが来店。テープカットに花を添えます。

オープン当日には、選べる二つスペシャルキャンペーンも開催。

1)「カジュアルきもの1日レンタル&着付プラン」

通常価格5,250円(税込)がオープン当日先着20名様に限り無料に!

2)ノリタケオリジナルカップを当日先着20名様にプレゼント!

「きもの女子」の皆さまのご来店を、スタッフ一同心待ちにしております!

(きもの鈴乃屋銀座店ホームページより)

 

 

 

 

銀座という土地柄を考えると、一日レンタル五二五〇円也~は、確かに安いのかもしれません。

うーん、杵築市の2,000円を見た後だと、残念ながらリーズナブルとは思えないのですが。

ちなみに、様々なイメージの背景を用意した撮影場所の提供もしていて(自分撮り用です)、

こちらは時間利用で1時間1,050円だそうです。

割と杵築市のイベントとよく似たサービスを提供しているのですが、さすが大手着物メーカー鈴乃屋さん。

プレスリリースも派手ですし、

クリスマスとお正月を狙って12月第三土曜日にオープンしたあたり、かなり戦略的です

老舗着物小売店の多い銀座は、確かに「着物の街」と言っていいとは思いますが、

実際町を歩いてみると、着物を着ているのは意外と年配の方ばかりです。

そんな中、「着付けの出来ない若い女性層」の着物需要を掘り起こすための、

リニューアルオープンだとは思いますが、さてどのくらい需要が伸びるでしょうか?

2013年の春あたりの延べ来店者数が、非常に気になるところです。

そういえば銀座と言えば、昨年秋に阪急メンズ館が市川海老蔵さんをイメージモデルにして、

大々的にオープンしたことが耳目に新しいですね。

ところがここ、せっかく歌舞伎役者を起用してるのに、呉服店テナントが一軒も入っていないんですよ!

男子着物が流行ってるって、こんなに世間が騒いでいるのに、

大手呉服メーカーさん、何やってんでしょうかね・・・。

路面店も結構ですけれど、こういう話題のスポットにもっと食い込んでいかなくちゃ!

ただでさえ厳しいアパレル業界で、完全に取り残されてしまいますよー。

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です