男のアウトドアKIMONO

53a77ea5697ab0622c00ea67__w_540_s_fit_

皆さま、ごきげんよろしゅうございます。

今年は爽やかなゴールデンウィーク始まりとなりました。

東京の気温は、午前中から27℃と、7月くらいの気候です。

特に予定を立てていなかった方も、太陽と風を感じると、どこかへお出かけしたくなってくるのではないでしょうか。

 

 

四月下旬から五月にかけての日本列島は、気候も穏やかで過ごしやすい日が続きます。

アウトドア好きにとっては、そろそろ気持ちがうずいてくる季節。

新緑の中でのキャンプやサイクリングは、最高の気分でしょう。

 

真夏のアウトドアは虫や強い日差しという天敵が多いので、女性を誘うのであればこの時期の方がお勧めです。

最近では豪華なキャンプ“グランピング”も人気のようですので、他の人と差をつけたりインスタ映えを狙うのでしたら、こんなおしゃれな浴衣を着て、グランピングを開催してみてはいかがでしょうか。

 

YT-18SU001_Green_switch1_515Wx515H

 

着物がスポーツウエアに !? (pen-online)

 

以前もご紹介したことがあるかと思いますが、やはりおしゃれですね~

人気のアウトドアブランド、スノーピークと着物メーカーのきものやまとが共同で出した「OUTDOOR*KIMONO」です。

 

バックルベルトとボタンがついているので、着付けはワンタッチでOK。ベルトループを通しているので、着崩れも心配なさそうです。

東レの新素材で作られた生地は、通気性もよく、しわになりにくいので、旅行に持っていくのも良さそうです。

 

着こなし方は、写真のように、Tシャツと合わせてアウター感覚で着るのがいいでしょうね。男性の着付けは腰紐位置が腰骨より下になるので、どうしても胸元の合わせがはだけがちです。大勢の人とわいわい楽しむ健全(?)なキャンプで、男性とはいえあまり胸元が露骨に見えるのもはしたないと思いますので、ここはどんなに鍛えて胸筋を見せつけたいマッチョさんでも、きちんとインナーは着ておきましょう。

 

また、アウトドアは立ったり座ったりすることが多く、良く動きますので、巻きスカート状になっている下半身もはだけやすいです。着物と色柄をコーディネートした半パンやステテコもちゃんと穿いておきましょう。下着丸見えなんて、もってのほかです!

 

女性の服装マナーはあれこれ言われる世の中ですが、男性だってTPOに合わせた服装マナーは大事です。

気温が高くなってくると、何を勘違いているのか、やたらと上半身裸になったりするナルシストマッチョが出没してきますが、女性が皆あなたの筋肉に興味があるわけではありません。

鍛えた体もそうでもない体も謙虚にインナーで隠して。アウトドアの服装は機能性とおしゃれさで勝負しましょう。

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です