旅の記念にKIMONO体験

fa101man045

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

着付師の仕事は季節と天候に左右されがちなので、暇なときはびっくりするほど仕事がなく、忙しくなると同じ日に何件も依頼が殺到する。といった具合です。

体は一つしかないので、なるべく平日にもオフシーズンにも満遍なく仕事があるといいのですが、なかなか上手くいきません。

ただ、一時期に比べると、平日仕事が多くなってきてはいます。

特にここ最近目立っているのが、外国人観光客向けの着物体験。

これは休日平日関係ないので、着付師にとっては大変ありがたいのです。

 

 

私たち日本人も旅先の海外で現地の伝統衣装を着る機会があれば、とても楽しいもの。

ましてや衣装レンタルと着付けもセットであれば楽チンで言う事ありません。

そんなインバウンド需要を見越したスペースが、銀座駅徒歩3分の場所にあるのです。

 

WJS銀座 HP

 

こちらでは室内に玉砂利をひいた庭園風(鹿威しが設置されています)の室礼の周囲に、茶道や書道の体験ができる和室が設けられています。

着付けも同じ場所で出来るので大抵のお客様は、1時間コースで着付け→撮影をされるそうです。

 

来日外国人向けのインフォメーションセンターのような場所で、外貨両替やWi-Fiレンタルもあり、スタッフも数か国語で対応してくれるとのこと。

撮影用の着物は化繊着物+半幅帯なので、それほど本格的ではありませんが、旅のいい記念にはなりそうです。

 

1438-3

 

そもそも、外国の方が長い時間着物を着るのはかなり苦しくて大変だと思いますので、屋内で小一時間くらい着るのがちょうどいいのではないでしょうか。

その筋の方からすれば、洗える着物をちゃちゃっと着せるくらいで、日本の伝統のなにがわかるの!ってな感じなのかもしれませんが、どうせ自分たちだって海外に行けば、彼の地の伝統衣装の最高級品をいきなり買うかと言えばそんな奇特なことは決してしないわけでして・・・

まずは日本には伝統衣装の「KIMONO」というものがある。という事を知ってもらう為の入口になっているだけでも素晴らしいではないですか!

もし、皆様の外国人のお友達が着物体験をしてみたい!と仰られたら、ご利用をご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です