ワンランク上の夏、ジャズと着物とシャンパンと

lgf01a201412241500

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

学生の方、宿題終わりましたか?

社会人の方、夏休み取れましたか?

宿題に追われていたころは、8月末は恐怖の季節でしかありませんでしたが、今となっては1ヶ月以上も休みがもらえる、贅沢なひと時だったなーと仕事に追われつつ懐旧する季節となりました。

考えてみれば、無条件に長期休暇がもらえるのって、人生のほんのわずかな期間だけなんですよね…

 

 

 

アウトドアの夏、文化の夏、勉学の夏、仕事の夏、

さまざまありますが、天候不順や猛暑が続くと、出歩くのもおっくになりがち。

夏=遊ばなきゃ!というのも、体力があってこその発想です。

 

ただし、大人になれば少しだけお財布に余裕が出てきますので、

体に負担をかけない優雅な遊び方も出来るようになります。

 

着物を着て汗だくで花火やフェスに行くのももちろん楽しいのですが、

汗染みを作りたくない一張羅の夏着物を着てお出かけするには、

こんなラグジュアリーな「着物遊び」がうってつけではないでしょうか。

 

950939

 

ドレスコードは着物!東京ミッドタウンで「きもので楽しむシャンパンとJAZZの集い」開催

(東京ウォーカー)

 

JAZZ+東京ミッドタウン+ドレスコード着物

三拍子揃っちゃいましたね。これぞ大人の夏遊び。って感じです!

ライブハウスとはいえ、ジャズライブですから、ヘヴィメタライブのようにヘッドバンキングするわけではないので、着物に合わせて綺麗なヘアアレンジをしても、崩れる心配はありません。

 

絽の着物に羅の帯を合わせてもよし、総絞りの浴衣に長襦袢を合わせてもよし。

ゆるっと夜会巻にガラス細工のかんざし一本…なんて隙のある大人コーデもいいですね。

 

屋内&着席イベントは、どんな着物を着て行ってもOKなので、

ここぞとばかりにおしゃれを満喫できるのが嬉しいです。

もはや音楽が目的なのか着物が目的なのかわからなくなっていますが、いいんです。

だって着物が着たいだけですから!

 

女性がおしゃれをするのは、男性の気を引くため、と思っている殿方も多いようですが、

たぶん違います。

おしゃれは自身の気持ちを高揚させ、幸せホルモンを出したり戦闘力をアップしたりするツールなのです。

着物はそのための強力なアイテム

だって着るのにあんなに時間がかかって歩きづらくて暑くて寒くて・・・でもやっぱり着ると楽しい。

これって自分のため以外なにものでもありませんよね。

 

背筋が伸びて、姿勢がよくなって、メイクもヘアも念入りにして、街を歩けば注目されて…

女性が綺麗にならないわけがありません。

 

綺麗になったらやっぱりどこか特別なところにお出かけしたい。

そんな条件にぴったりのイベントが、東京にはたくさんあります。(嬉しい)

男性の目線が集まるのは結果でしかありません。

 

さ、自慢の夏着物のとっておきコーディネートを見せびらかしに、街へ繰り出しましょう!

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です