和テイストをちょこっとプラス

free-illustration-obon-nasu-kyuri-irasutoya

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

暑さ寒さも彼岸まで。と言いますが、今年の夏は「暑さは彼岸から」という感じです。

急に暑くなってきましたね~

哺乳類がいくら恒温動物とはいえ、こう気温の変化が激しいと体温調整が追い付かない!

体調不良が出やすい季節。

夏の疲れは早めにこまめにケアしましょう。

 

 

 

夏は暑さのせいか、あまり和装婚礼がありません。

ジューンブライドや休みの取りやすいお盆シーズンのウェディングもちらほらありますが、

台風が過ぎてしまえば比較的気候が安定して、晴天が続く秋が、

日本の結婚式ハイシーズンになります。

 

そんな秋のウェディングシーズンを前に、青山スパイラルホールにて、ウェディングの見本市、

ウェディングマルシェが開催されました。

 

17mar-c-mbnr

 

Marche for wedding

 

さすが表参道で開かれたイベントだけあって、ハイセンス!オシャレの洪水でくらくらします。

ドレスや指輪、ペーパーアイテムも素敵だったのですが、中でも目を引いたのがこちらです!

 

IMG_2809

 ENISHI ホームページ

 

着物好きならば必ず知っているつまみ細工

ドレスにも似合うヘッドアクセサリーに仕上がっていて、本当に美しくため息が出ます。

特に繊細な手仕事が光る真っ白なボンネは、

和装なし、ドレスだけの結婚式でもぜひ取り入れてみたい逸品。

予算の都合で和装が出来なかったり、着物は苦しくてちょっと苦手、

という御新婦様もいらっしゃるかと思います。

ただ、日本に生まれたからには、和の要素が少しでも取り入れてみたいな…という時には、

こんな小物でさりげなくジャパニーズテイストにするのも素敵ですよね。

 

他にも小さな髪飾りや和装用の可愛らしいボールブーケがありました。

生花ではないのでずっと取っておけるのも魅力的です。

和装用なのでセカンドブーケとして、お友達や姉妹に貸してあげて、幸せのリレーをしてもいいですね。

 

和の要素を取り入れる方法は和装だけではありません。

ガーデンウェディングやリゾート婚、海外挙式など、洋風ウェディングでも、

全体の統一感を損なうことなく使えそうです。

 

ドレスには似合わないけれど、日本人だし一点くらい和物を入れてみようかなぁ。ではなく、

本当におしゃれで思い描いていたイメージにぴったりだから。

そんな前向きな理由でチョイスしてみたくなる、つまみ細工のウェディングアクセサリーでした。

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です