毎年書いている気がしますが・・・

tobi052ok-3064_3

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

暑かった7月とはうってかわって、

8月は梅雨が戻ってきたような雨続き。

花火大会の多い月なのに、浴衣を着るのを躊躇してしまいそうな悪天候の日もありました。

あまり暑すぎても体力消耗しますが、浴衣の日に限っては多少気温が高くても、晴天になってほしいですね。

 

 

 

今年もたくさんのお嬢様たちに浴衣のお着付けをしました!

半幅帯はアレンジが自由自在なので、お客様の雰囲気や浴衣の色柄などを見ながら、

お似合いになりそうなオリジナル帯結びを毎回楽しんで作っています。

 

浴衣の着付け自体はそれほど時間がかかりませんので、帯結びも含めて20分ほどで仕上がります。

ヘアアレンジ込み、早ければ40分ほどでしょうか。時間とお財布に余裕があれば、

プロのヘアメイク&着付師に頼んでみるのもアリだと思います。

本当に一日着崩れせず、楽に過ごせますよ~。

夏の浴衣着付けヘアメイクセットは、多くの着付けサロンでお得なクーポンや割引を展開していますので、

上手に利用して、浴衣美人になっちゃいましょう。

 

ただし、着付けをプロに頼むときには、気を付けていただきたいポイントがいくつかあります。

どこのサロンでもホームページなどで説明していると思うのですが、なぜか毎年必ず、

「こ、これでは着付けが出来ない・・・」

という事態に陥ってしまうお客様が結構いらっしゃるのです。

ぜひぜひ、ご一読いただいて、スムーズな着付けと美しい仕上がりの一助としてください。

 

① 着付け小物はすべて揃える

浴衣・半幅帯・腰紐3本・伊達締め1本・帯板・肌着・タオル2~3枚・下駄

たったこれだけなんです!過不足なく持ってきてください~~~💦

特に着物用肌着とタオルは持ってこない方がとても多いです。

当日販売品もありますが、ご購入していただこうとすると、

「いらないです。これだけで着付けしてください」と無茶を言う方も…。

押し売りしたいわけではないんです~( ノД`)シクシク…

 

タオルを腰に巻くのは、太って見えるからイヤというご意見もあります。

しかし、着物は洋服と全くシルエットが違います。

ウエストをくびれさせるとシワが寄って、かえって下半身が太って見えるのです。

また、腰紐が体に直接食い込んで痛くなったり、大切な浴衣に汗染みが出来たりと、

タオルを入れない弊害はたくさんあります。

使い古しのフェイスタオルでいいので、出来れば3枚持ってきてください。

 

肌着も案外忘れがちです。ワンピース式の簡単なものでいいので、一枚購入しておいてください。

どうしても着物用を買うのがイヤな方は、ベージュか白のロングキャミソールでもいいです。

肌着ももちろん汗止めに着るのですが、特に薄い色の浴衣はとても透けやすく、

夜でもライトが当たるとはっきり下着が映ってしまうことがあります。

安心して浴衣で一日過ごすためにも、肌着は必ずご持参ください。

 

74101LS-537_D1

セシールの汗取りパッド付キャミソール。洋服用ですが、浴衣に使っても良さそう。

 

② ブラジャーは出来ればワイヤーなしの着物用ブラかスポブラで。

特に胸の大きい方。寄せて上げる普通のブラジャーは、前合わせがはだける心配があります。

また、帯がワイヤーに当たって痛くなることも…。

楽に過ごすためには下着から!ブラジャーも、ちょっとだけ気にかけてください。

 

③ 作り帯はもったいない!

マジックテープで止めて差し込むだけ、の作り帯。

これを持って来る方が毎年何人かいらっしゃいますが、もったいないですよ~。

せっかくお金を出して着付師に頼むのでしたら、アレンジ帯結びで他の人と差を付けちゃいましょう!

特に混雑した場所へ行くと、ぶつかったり引っかかったりして差し込んだ部分が抜けてしまう事がありますので、作り帯はお勧め出来ません。

時間が無くてご自身で着付けする時以外は、安くてもいいので(可愛くしますから!)

ぜひ、普通の半幅帯をお持ちください。

 

以上3点、特に①は重要なんです~(>_<)

お出かけ前は慌ただしいと思いますが、ご持参品をもう一度確認してみてくださいね。

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です