着物をもっと!発信してください。

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

にしむくさむらい・・・

6月は30日までしかないので、あっという間感が半端ないです。

そして、一年の半分がすでに終わっているという事実---。

若いお嬢さんたち!40過ぎると一ヶ月が一週間、一年が一ヶ月くらいの勢いですっ飛んでいきますから、覚悟しておいてくださいね!!!

 

 

 

愚痴はほどほどにして。

着物を着たり着せたりな日々を送っていると、

うっかり日本中の人が年中行事ごとに着物着てるんじゃないだろうか?と錯覚してしまいます。

もちろんそんなの妄想でして、

多少増えたとはいえ、相変わらず結婚式は洋装のみが多いし、なんなら両家お母さんも洋服だったりするし、

子供の入学式卒業式なんてイオンで1万円以下でそれっぽいスーツ買えるし。

なので、まだまだ着物は冠婚葬祭ですら復権していないのが実情です。

 

しょうがないですよね。だって準備するの大変だしお金かかるし。

自分で仕事していながらつくづく着物ってコスパ悪いよなぁ。とか思っていますから。(ダメじゃん)

 

梨園や茶道華道家元でもない限り、普段着にしろとまでは言いません。

ただ、多少懐具合に余裕があるご家庭では、

せめて冠婚葬祭+お子様の通過儀礼くらいは和装でなさってほしいな~と願っております。

 

そして出来れば“#七五三”“#入園式”とかつけて、SNSで拡散してもらえると、

勝手に和装=リア充とか勘違いしてもらえて嬉しいです。

 

フォロワー数を競っている、ブログの女王とかSNS芸人とか子供ネタで稼いでいるママタレさん。

「○○たん(←キラキラネーム)七五三で着物デビュー☆彡」等のコメントつけて、

インスタにバンバン着物写真をアップしてくださいませ。

信者に「すごい美人さんですね☆」「ママに似てますね♡」とか大量にコメントつけてもらえると、

着物が一気に庶民に広がります。(←希望)

特に若者に人気のカリスマ(タレント・モデル・芸人)の皆さま、ぜひぜひよろしくお願いします!

 

img65202338

 

近藤千尋「こんな親だけど…」着物姿で夫・ジャンポケ太田とお宮参りを報告 (@niftyニュース)

 

内容とニュースがあまり合っていなくて恐縮ですが。

近藤千尋さんが頑張ってお子さんの着物を自分で着せてあげて、

間違えちゃったけれど、お宮参りに行った水天宮で直してもらいました。

というエピソードは、すごくイイですね。

人気モデルが親子で和装+神社でお宮参り。それだけでも発信力のある和文化推しで嬉しいのですが、

内容に毒がなく、炎上しなさそうなのもポイント高いです。

ネトウヨの愛国主義押しつけは大嫌いですが、

日本の文化を無理なくテキトーに楽しむ姿勢は、若い人にどんどん広がっていってほしいと思います。

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です