弥生、三月、卒業袴

150317-090406-zP3171454_R

皆さま、ごきげんよろしゅうございます。

全国各地で桜の開花宣言が聞こえてきました!

そろそろお花見の準備を始めている方も多いのではないでしょうか。

満開時期にピンポイントで開催するのは難しいので、

花待ちの蕾から、散り際の儚さまで愛でられる感性を磨いていきたいですね。

 

 

 

三月は卒業袴のシーズン

成人式と違って日にちがばらけますので、着付師もあちこちで女子学生の着付けに携わることが出来ます。

浴衣や振袖と違って卒業袴はそれほど流行があるわけではありませんが、

今年ちょっと多いかな~と思ったのは、

レトロモダンな大柄着物にシックな色味の袴を合わせたコーディネート。

編み上げブーツと合わせて大正ロマンの雰囲気満載でした。

 

ただ、近年の傾向としては成人式と同じく、これといった流行の色柄があるわけではなく、

どちらかと言えば「他の子とかぶりたくない!」という嗜好の方が強いようです。

なので、正統派あり、アヴァンギャルドあり、ガーリーあり、モダンありと、まさに百花繚乱。

それぞれ好みのテイストで着物×袴を選んでいるようです。

 

いいですね~。チョイスの基準が「流行りだから」というのは、逆にもう流行らない!

着るものくらい自分の好みで選びたいですし、それは着物だって同じですよね。

 

着物だから正統派で・・・という時代は終わりました。

多様な色柄で洋服と同じように楽しめる、良い時代になったものです。

 

9784063411867_w

 

さて、卒業袴が一体いつからこんなにメジャーになったのか。皆さんはご存知ですか?

明治時代の女学校の制服が着物姿から動きやすい袴に変更されましたが、

昭和に入ってからは、制服が洋装になり、袴制服はいったん廃れてしまいます。

しかし、大正時代の女学校を舞台とした「はいからさんが通る!」などの漫画の影響で、

卒業式の衣装として復活~定着。

今では大学生や専門学生だけでなく、私服の中高生にも人気の高い卒業式の定番衣装になりました。

 

女子学生の袴姿は清々しく凛々しい雰囲気があり、成人式振袖とはまた違った美しさがあります。

その上、振袖と違ってほとんどの人が一生に一度しか着るチャンスがありません。

もし機会があれば、ぜひ卒業式典には袴姿で臨んでみてください。

振袖よりも歩くのは楽ですし、何より、一生の思い出になりますよ!

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です