電脳街に着物レンタル店が進出

lgf01a201412152200

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

乾燥の季節にはめずらしい冬の雨。

気温は低く寒い一日ですが、

お肌に少しだけ潤いをもたらしてくれました。

後は、あまり荒れた天気が続かずに、

冬晴れの年越しになってくれると嬉しいのですが・・・

 

 

 

今年の秋冬は着物をお召しになりましたでしょうか?

着物を持っていても、着付けが出来ても、「よし、今日は着物で行こう!」と気合を入れないと、

なかなか着物お出かけは実現しないもの。

かくいう筆者も、仕事で着付けは多々すれども、自分で着るとなると年に5~6回くらいなものです。

和装推進していながら、情けないです・・・(>_<)

 

着物お出かけがなかなか浸透しないのは、やはり準備が大変だから。

着付師さん同士で話していても、自分の着物を管理・保管するのは、

場所も取るし結構大変よね~。と、ぼやきになってしまいます。

 

1人暮らし女性の部屋で普段着る洋服も収納しなくちゃいけないのに、

着物まで置いておく場所は確保できないのが現実です。

 

その点、やはりレンタルは強い味方。

腰紐・帯枕・帯揚・帯締め等々の細かーい小物一切合財セットで貸してくれるので、本当に楽チン♪

 

さらに、着付けやヘアセットまでセット価格になっているので、

まさに着の身着のままふらりと行けば、あっという間に和装完了しますので、とってもお手軽です。

 

少し前までは、レンタル着物と言えば冠婚葬祭か成人式というイメージでしたが、

最近では日常のお出かけ着として着物を貸してくれるところがたくさん出てきました。

特に、記事に出てきた「着物バサラ」さんは、浅草・鎌倉など、観光地にも出店。

いわゆる街歩きをメインにしたレンタル展開をしているようです。

(成人式振袖や卒業袴のプランもあります)

ただ、今回は秋葉原に出店ということで、観光地街歩きというよりも、

コスプレの一環として着物を提案されているのが予想されます。

これもまた楽しそうです。

 

photo0000-4207

 

秋葉原に着物レンタルサービス店「バサラ」 忍者・侍などの和装コスプレも (アキバ経済新聞)

 

やはり“花火大会で浴衣”がブームを通り越してスタンダートな夏の風物詩になったからでしょうか。

“着物を着る=おしゃれ”という図式に乗っかった、新しい事業が広がりつつあります。

 

バサラさんのプランは一番安いもので4000円台から。

この価格なら、高校生でも手が出せますね。

もちろん、品質などはそれほど期待できないと思いますが、

洋服だってファストファッションとブランドファッションがあるのですから、

お財布と相談して上手に使い分ければいいんじゃないでしょうか。

 

着物ブームだからと言って高価な着物を押し付けられてローンを組まされた挙句に、

お金かかるから着物やめる~!となってはどうしようもありません。

 

廉価なレンタル品も高価な染織品も、上手に使いまわして着物ライフを満喫しましょう!

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です