ご存知ですか?「和食の日」

yjimagezh4x9s1s

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

いよいよ11月が終わってしまいます!

どうしよう!

毎年掃除道具を新規購入しては、肝心の大掃除は中途半端で終わってしまう私。

ダメな年末が、今から思いやられます・・・

 

 

 

11月24日は「和食の日」だそうです。

日本人たるもの、出汁の旨味がわからなければ!とは思いませんが、

生活がすっかり西欧化した日本でも、食事のアイデンティティはまだ根強く残っているもの。

朝食はパン・ランチはパスタの日々が続いても、

お弁当のごはんが美味しくないと非常に残念な気持ちになってしまうのです。

やはり「食」はDNAにきっちり刻み込まれている、民族の記憶なんですね。

 

2015091801-2

 

11月24日は「和食」の日 (一般社団法人和食文化国民会議 HP)

 

昨今は健康ブームということもあって、和食は世界的にも注目を集めています。

とはいえ、国内での和食需要、特にコメの消費量はどんどん下降線を辿っているので、

関係各所としては、何とかしてもっと和食の裾野を広げていきたい気持ちもあるでしょう。

いいにほんしょく=1124

かなり強引な語呂合わせで、2013年に制定されました。

目的は、季節の食文化を見直し、和食文化の保護と継承の大切さを考える日にする。とのこと。

 

なんだか漠然とした文言の羅列です。

ま、こういう「~の日」は、大体こんな感じの当たり障りない語句がスローガンに掲げられますよね。

 

ただ、和食という守備範囲の広い文言を冠していますので、イベントなどは展開しやすそうです。

今年も各地で和食の日イベント(フードフェア?)が開催されたようです。

 

食は万人に共通の欲求ですので、集客も十分見込めます。

 

ともあれ、和食文化が広がることは文化発信の面でも健康促進の面でも大いに結構です。

日本だけにとどまらず、世界中で愛される和食を目指した健全なる記念日として、

定着していってくれればいいなと思います。

 

ただし、関係者各位におかれましては、あまりにも狭義の和食にこだわりすぎて、

海外で楽しまれている「和テイスト」な食文化にいちいち目くじらを立てるような、

大人げない態度は控えていただけますよう、お願い申し上げます。

 

だって、ナポリタンとか中華そばとか作っちゃうような日本人が、

和食だけは正統派しか認めない!なんて、おかしな話じゃないですか——–。

 

文責/篠井 棗

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です