お手本にしたい!福原愛ちゃんの振袖姿

kasa_girl

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

秋の長雨なのか戻ってきた残暑なのか。

関東南部は微妙に30度くらいの蒸し暑さです。

洗濯物は乾かないし、かといって涼しい秋風が吹くわけでもなし・・・

季節の変わり目に、かなり焦らされている九月末です。

 

 

 

卓球の福原愛さんが、振袖姿で結婚会見をされました。

普段はユニフォームの印象が強いので、和装はとても新鮮です!

 

%ef%bc%91%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%af%e3%82%89

福原愛 結婚会見 (産経フォト)

 

総絞りの白地振袖、よくお似合いですね~。

結婚会見ということですから、もちろん、幸せオーラ満載☆なんですが・・・

それにしても、ご自身に似合う色、柄、素材を、

きちんと把握しているコーディネートだなぁと、感心してしまいました。

 

 

もちろん振袖は、専門のスタイリストさんか、呉服屋さんと相談して決めたと思いますが、

やはり、本人の「こんな着物が着たい!」という気持ちがあってこその美しい着姿。

丸顔で色白の愛ちゃんに、ふわっとした総絞りの質感と淡い色合いがしっくりしています。

 

 

ともすれば、淡色の着物地にピンクの帯揚げ帯締めは、子供っぽくなりがちなのですが、

微妙な色味と落ち着いたヘアメイクで、結婚会見にふさわしい佇まいとなりました。

 

愛ちゃんは小さいころからマスコミに注目されていましたから、立ち居振る舞いや受け答えは、

年齢以上に落ち着いて見えるのかもしれませんね。

 

そこで、今回私たち着物女子が愛ちゃんに見習いたいのは、「大人の振袖着こなし」です。

 

振袖はもちろん初々しく着るのが正解なのですが、

成人式以降、お友達の結婚式や結納などで振袖を着る際には、少し落ち着いた着こなしをしたいもの。

しかし、いざ成人式コーデからチェンジしようと思っても、どこをどう変えていいのやら・・・?

 

そこで今回の愛ちゃんの振袖姿を拝見しますと・・・

すっきりとした帯揚げ帯締めの結び方、真っ白な半衿。

襟足くらいでまとめた、可愛らしい中にも落ち着いた雰囲気のあるヘアスタイル。

小物のピンク色も、彩度の高いショッキングな色ではなく、

シックな色味であることが、大人っぽさのポイントになっています。

 

成人式振袖は、とかく華やかさを競い合う場になりがちです。

しかし、振袖は本来、未婚女性の正装ですので、成人式だけに着るものというわけではありません。

TPOに合せた着こなしをすれば、もっと振袖活躍の場を広げていけるのです。

 

福原愛さんの、清楚で品のある正統派の着こなしは、成人式以外での振袖姿の良きお手本となっていました。

 

文責/篠井 棗

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です