筋肉と着物の素敵な関係

mediclip02

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

忘年会シーズン真っただ中

曜日関係なく繁華街に賑やかな集団が闊歩しています。

中には早い時間から千鳥足になっている方もちらほら・・・

外食続き・酒続きになりがちな師走。

体調管理を万全にして、2015年を乗り切りましょう!

 

 

 

今年もスポーツ界は多くのヒーロー・ヒロインを生み出してきました。

中でも世界中を驚愕させたのが、ラグビー日本代表の躍進劇

競技人口が多い割にはいまいち認知度の低かった日本ラグビーが、

南アフリカからもぎ取った一勝によって、一気に大ブレイクとなりました。

 

ここ最近、日本女性の間では筋肉質な男性が大人気。

ガチムチ筋肉の屈強な男たちが躍動するラグビーは、まさに理想体型集団として、

世の女性たちのハートをがっちりつかんだようです。

 

中でも抜群の人気を誇るのが五郎丸歩選手。テレビ・CM・雑誌等々に引っ張りだこです。

 

そうこうしているうちに、やっぱり出てきました。

“和装五郎丸”

着物業界も、「乗れる波には乗っておけ!」といったところでしょうか・・・

 

201512_MRS_p134-136

 

五郎丸が着物姿を披露!銀座もとじとクロカン子会社が着物を共同開発 (WWDJAPAN.COM)

 

スポーツ選手はそれぞれの競技によって、筋肉の付き方が全く違います。

着物を着せやすい筋肉。というのも確かにあると思います。

例えば逆三角形体型になる水泳や体操選手は、意外とタオル補整がやっかいそうで、

女性のウェスト補整のようにタオルを入れるとよさそうです。

また、フィギュアスケートの羽生結弦選手みたいに全体的に細ーい薄ーい体型は、

当然大量の補整が必要でしょう。バスタオル2枚くらい巻いてほしい~。

 

その点、体全体にむっちりした筋肉のついているラガーマンは、着付けしやすい体ですね。

体型に合わせた着付け・補整は、仕上がりに差が出ますのでとても重要なのです。

 

ところで、よく「男は腹が出ていると着物が似合う」と言われます。

(そしてこの言葉が、男性メタボの言い訳に頻繁に使われる)

しかし、着付師から言わせてもらえば、不健康なビール腹は決して着物に向いた体型ではないですし、

かえって胸板の貧弱さが目立って、衿合わせの緩んだ、だらしない印象になってしまいまいます。

都市伝説を鵜呑みにして、暴飲暴食に走らないでくださいね!

 

着物も洋服も、素敵な着こなしに健康な体が一番大事なのは、言うまでもありません。

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です