ネット住民の着物需要

BsJuSbLCIAENDnB

みなさま、ごきげんよろしゅうございます。

朝夕どころか、一日中北風が吹いて冷え冷えとするこの季節。

太平洋側は乾燥した晴天。日本海側は雷を伴う荒天。

と、列島の空模様はくっきり色分けされているようです。

中央の山地で気候が一変してしまうのですから、

自然現象は本当に不思議なものです。

 

※京都府公式マスコットキャラクター「まゆまろ」 

 

 

 

11月15日は「着物の日」だったそうです。

ちなみに5月29日は「呉服の日」。

ゆるキャラと記念日は、次々生まれては消えることがないので、いちいち覚えられません。

 

その11月15日、今どきらしいイベントが開催されました。

題して「着物でTwitterをジャックせよ!!」

 

11月15日は“きものの日”「着物でTwitterをジャックせよ!!」 (産経ニュース)

 

イベント内容は、ハッシュタグ「#kimonoday」を使って、

当日、着物姿の写真をTwitterにアップすれば誰でも参加できるというもの。

 

アップされた写真は、さすがに若者が多く、おしゃれ男子着物もたくさん

集まった写真は、京都府が審査して優秀賞なども決定するそうです。

 

kimono

※上智の学生。振袖ばっかり・・・

 

TwitterやFacebookで、セルフィーをアップするネット民はたくさんいるみたいなので、

こういう時こそ自意識過剰なきもの民は、こぞって参加して顔出ししちゃってほしいですね。

普段、あまりにもキメ顔自撮りをしょっちゅうアップしていると周囲からウザがられますが、

「着物」とう大義名分があれば、どんなに恥ずかしいポーズでもどんなドヤ顔でも大丈夫!

だって着物好きな人は貴方の顔なんて見ていませんから!見ているのは着物のコーディネートだけですから!

 

着物姿をアップする人=「キモノ着られるステキなワタシ☆」という承認欲求が満たされてうれしい。

それを見る人=自意識過剰な着物好きネット住民のイカレた和装コーディネートを鑑賞できるので面白い。

 

これこそネット自撮り問題のウィンウィンな解決方法ですよね♪

 

上智大学の「和装振興研究ゼミ」という、カトリック系大学にあるのが不思議な名称のゼミが発起人で、

ゼミ生たちは、京都府からレンタルした着物でスカイツリーに集合するそうです。

(ソラカラちゃんと京都府のまゆまろちゃんも今回のイベントの一味らしい)

学生さんたちも、苦労して着物着る以上、やはりアピールはしたいですからね。

若気の至りもこじらせ男女も、

着物という芸術志向の高いコスプレは、大義名分を与えてくれる必殺アイテムだと思います。

 

どうぞせっかくのイベントですから、来年の5月29日にもぜひ開催してください。

コーディネートに春と秋の季節感の違いが出てくれば、

いっぱしの和装文化振興イベント、と呼ぶにふさわしいと言えるのではないでしょうか。

 

文責/篠井 棗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です